僕は日本の古典芸能を知らない

日本の古典芸能を色んな人に知ってもらいたい。そんな願いを込めておくる、はずれさんのweblog。のはずだが、最近は生存報告になっている。。。
<< 花、記念日 | TOP | 猿楽と田楽 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - | - |
歌舞伎の舞台機構
JUGEMテーマ:伝統芸能

舞台での用語とか舞台機構ってどうなっているの?? と友人から質問があったので、ここにメモしておこうと思う。そんなわけで、いってみよー。

今回は、歌舞伎の舞台機構について紹介していくとしよう。まだまだ、最低限のことしか書いてないから、加筆修正を加えるつもりでいるよ。2010/02/08
歌舞伎のおおまかな舞台機構

まず、赤い文字に注目してみよう。じょうず、へた、ではないよ。『かみて』『しもて』と読む。これは、歌舞伎の舞台に限らず、いわゆるコンサートホールなどでも用いる言葉だ。なぜ、こんな読み方が考案されたのかというと、『左と右』という呼び方にしてしまうと、

「どこから見るかによってどちらが左で、どちらが右なのかわからなくなる」

という問題が発生する。そこで、客席から見て右を上手、左を下手とすることで、舞台上にいる人も、客席にいる人も、すぐに理解できるようになっているわけ。それではつづいて、番号順に解説してみよう。

  1. 廻り舞台(まわりぶたい)…… 舞台転換のための装置。
  2. セリ          …… 床下からせり上がって役者を登場させる演出に使う。
  3. スッポン        …… セリと同じ役割だが、主にオバケの登場に使う。
  4. 花道(はなみち)    …… 花形役者が見得(みえ)を切ったり、移動する道。
  5. 黒御簾(くろみす)   …… この中でお囃子などが演奏される。
  6. 上手揚幕(かみてあげまく)… 中から役者が登場したり、黒子さんが移動する。
  7. 床(ゆか)       …… 大夫さんや三味線が語るためのスペース。
  8. 定式幕(じょうしきまく)…… 舞台が幕開けする前に開く幕。この幕がある劇場が公式の格式高いものとされた。
歌舞伎の舞台の多くは総檜(そうひのき)作りの高価なもので、本来、一人前の役者でなければあがることが許されない。歌舞伎の世界はとても厳しいんだね。

14:19 | 舞台機構/用語 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
14:19 | - | - | - | - | - |
コメント
読み仮名は「くろご」でした。すみませんでした。
2012/08/09 1:38 PM by YURI
「くろこさん」がほくろさんになっていますよ。正しくは、黒衣さんです。
2012/08/09 1:35 PM by YURI
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://out-in-geinou.jugem.jp/trackback/32
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--