僕は日本の古典芸能を知らない

日本の古典芸能を色んな人に知ってもらいたい。そんな願いを込めておくる、はずれさんのweblog。のはずだが、最近は生存報告になっている。。。
<< あべのQ'sモール | TOP |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - | - |
文楽の助成金削減について


最近筆不精な僕であるがどうしても書かずにはいられなかった。

大阪市:文楽補助金、全額カットへ 橋下市長は「面会断られた」 住大夫さん「知らなかった」
毎日新聞 2012年06月30日 東京朝刊

 大阪市の橋下徹市長は29日、公益財団法人「文楽協会」(同市中央区)への補助金について、予算ヒアリングのため申し入れた面会を人間国宝に拒否されたとして、「特権意識にまみれた今の文楽界を守る必要はない」と、全額カットする意向を表明した。市は今年度本格予算案に昨年度比25%減の3900万円を計上しているが、橋下市長は議会で可決されても執行しない方針=写真は「曽根崎心中」の一場面。

 文楽トップの人間国宝、竹本住大夫(すみたゆう)さんは「面会の申し込みがあったとは聞いていません」と驚き、「こっちが会いたいです」と話した。全額カットには「運営していけません」と話した。【林由紀子、宮辻政夫】


このようなニュースが上がっていた。文楽は僕が大好きな古典芸能の一つである。

人形遣いが3人がかりで人形を操り、三味線によるBGMと、大夫さんの語りが絶妙に絡み合う。世界でも少ない、大人のための人形芝居である。

国の重要無形文化財に指定されており、なおかつユネスコからも重要無形遺産の傑作として指定されている。

そんな文楽はお茶やお花、踊りなどの世界と違い、完全に家柄に依存しない弟子の取り方を行っている。また、意外と知られていないが、演じ手の方々の生活はごくごく一般のサラリーマンよりも厳しいくらいだともいう。

若い人は、専門で食べていくのは難しい職業であるのだ。また、人形遣いはメインの主遣いになるまでに『足遣い10年、左(左手)遣い10年』といわれる長い修行が必要になる。

その文楽での予算のカット。この打撃は計り知れない。

そもそも、市からの助成があったことに驚きである。(国からの直接の補助とばかり)。また今回の件に関しては、文楽協会側もそうだが橋本市長側にも問題があると思う。

文楽協会と劇場と演じ手。この3つはひとくくりになったシステムではないらしい。文楽協会側の窓口が市長側に拒否を申し入れたようだが、市長側ではこれらが『人間国宝も含めた文楽にかかわる人間の総意』と受け取った。

確かに利権による膿を取り払う必要はある。だが、これでは実際に頑張っている若手さんたちが気の毒であるし、文楽という文化に傷をつけただけにすぎないのではないか。さらに

「お前らの友達のあいつが俺に文句言ったからお前ら全員友達ちゃうわw」

と言ってる子供のようではないのか。もう少し、双方寄り添いあえるような結論はなかったのか。話し合いの場所はもう持ってはもらえないのだろうか……?

ともかく、僕の心を奮わせ、人生に大きな影響をたくさん与えてくれた芸能が失われてしまうのは絶対に嫌だ。

少しでもよい方向にものごとが運ぶことを、切に願う。
20:43 | 文楽(人形浄瑠璃) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
20:43 | - | - | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://out-in-geinou.jugem.jp/trackback/142
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--