僕は日本の古典芸能を知らない

日本の古典芸能を色んな人に知ってもらいたい。そんな願いを込めておくる、はずれさんのweblog。のはずだが、最近は生存報告になっている。。。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - | - |
文楽の助成金削減について


最近筆不精な僕であるがどうしても書かずにはいられなかった。

大阪市:文楽補助金、全額カットへ 橋下市長は「面会断られた」 住大夫さん「知らなかった」
毎日新聞 2012年06月30日 東京朝刊

 大阪市の橋下徹市長は29日、公益財団法人「文楽協会」(同市中央区)への補助金について、予算ヒアリングのため申し入れた面会を人間国宝に拒否されたとして、「特権意識にまみれた今の文楽界を守る必要はない」と、全額カットする意向を表明した。市は今年度本格予算案に昨年度比25%減の3900万円を計上しているが、橋下市長は議会で可決されても執行しない方針=写真は「曽根崎心中」の一場面。

 文楽トップの人間国宝、竹本住大夫(すみたゆう)さんは「面会の申し込みがあったとは聞いていません」と驚き、「こっちが会いたいです」と話した。全額カットには「運営していけません」と話した。【林由紀子、宮辻政夫】


このようなニュースが上がっていた。文楽は僕が大好きな古典芸能の一つである。

人形遣いが3人がかりで人形を操り、三味線によるBGMと、大夫さんの語りが絶妙に絡み合う。世界でも少ない、大人のための人形芝居である。

国の重要無形文化財に指定されており、なおかつユネスコからも重要無形遺産の傑作として指定されている。

そんな文楽はお茶やお花、踊りなどの世界と違い、完全に家柄に依存しない弟子の取り方を行っている。また、意外と知られていないが、演じ手の方々の生活はごくごく一般のサラリーマンよりも厳しいくらいだともいう。

若い人は、専門で食べていくのは難しい職業であるのだ。また、人形遣いはメインの主遣いになるまでに『足遣い10年、左(左手)遣い10年』といわれる長い修行が必要になる。

その文楽での予算のカット。この打撃は計り知れない。

そもそも、市からの助成があったことに驚きである。(国からの直接の補助とばかり)。また今回の件に関しては、文楽協会側もそうだが橋本市長側にも問題があると思う。

文楽協会と劇場と演じ手。この3つはひとくくりになったシステムではないらしい。文楽協会側の窓口が市長側に拒否を申し入れたようだが、市長側ではこれらが『人間国宝も含めた文楽にかかわる人間の総意』と受け取った。

確かに利権による膿を取り払う必要はある。だが、これでは実際に頑張っている若手さんたちが気の毒であるし、文楽という文化に傷をつけただけにすぎないのではないか。さらに

「お前らの友達のあいつが俺に文句言ったからお前ら全員友達ちゃうわw」

と言ってる子供のようではないのか。もう少し、双方寄り添いあえるような結論はなかったのか。話し合いの場所はもう持ってはもらえないのだろうか……?

ともかく、僕の心を奮わせ、人生に大きな影響をたくさん与えてくれた芸能が失われてしまうのは絶対に嫌だ。

少しでもよい方向にものごとが運ぶことを、切に願う。
20:43 | 文楽(人形浄瑠璃) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あべのQ'sモール
大変ながらくでした。

慣れないことばかりであたふた。疲れることもないはずなのに疲れております、中也です。なんか、おつきあいで、アメーバピグなるものをはじめまして。そちらのほうでもいそがしく;;

ちゃんと生きておりました。はい。

本日は久しぶりに高校の先輩と会った。あべのQ'sモールというところで、遊んできたよ。特に何かを買ったわけではないのだけれどかなり楽しかった! 最近仕事のほうが、いろいろ変化変化でおろおろすることも多くて、ちょっとした気晴らしになりました。

お夕飯もごちそうになっちゃった! ありがとう先輩!!!

その先輩がまた可愛らしい人で。自分よりも小柄で、おさない感じで(中也より結構上)……服装なんかもおしゃれなんですよねえ。だけど落ち着いていらっしゃるというか。大人なんだ〜。

あんな風になりたいね。

自分は全然だからね!!!
01:26 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
俺の肉しみは消えないんだ
JUGEMテーマ:ぼやき


ギャグ漫画日和ネタのタイトルでごめんなさい。そしてお久しぶりに外中也です。

相変わらず後ろ向きな思考回路に変化はございませんが、本当に衰えがひどく、悲しみにうちひしがれる日々です。自分がどこへ向かいたいのか、何をしたいのかわからない日々です。

悩みを聞いてもらいたいと思うんですが、話すのは気が引けてしまう。

そんな日々です。
00:01 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あなたの「2011年」を漢字一文字で表してください!

自分が選ぶ今年の漢字は

「未」

です。まだ、何もできていない。達成していない。未知の世界をたくさん知ることができた。

そんな一年でありました。

まだ今年は終わっていないから、未だ、達成できていないことを必死になってやれたらいいな。

21:01 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
道を聞くひと
「○○ってどこにありますか?」

僕は人によく、道を聞かれるたちである。地元でも、大阪市内でも。世の中、お互い様だから、わかる範囲でお答えするのだが、たまーに誤った道に引きずり込まれそうになることがある。

「道を聞くふりをして相手とお近づきになろうとする人」がいるのだ。ことにミナミやキタ界隈では多い(単に行き交う人間が多いからだと思うが)。

飲み屋街の周辺では酔っぱらったオジサンが多いので、お酒のニオイですぐにわかる。どうみても客引きなホストの兄ちゃんがそういう手で絡んでくることもあるが、この二者は見た目や雰囲気で判断がつく。失礼にならぬよう丁重にかわす。

だが、たちが悪いのはいかにも普通の人っぽく振る舞って、人をあらぬ方向へ連れていこうとしたり、お近づきになろうとする方。

そういう方は駅に隣接するホテルや百貨店のまわり、ショッピングモールの周辺など比較的明るい場所で声をかけてくださる。時間も一番帰宅者が多い頃を選んでいる。で、

「○○駅ってどこにありまか?」
「○○百貨店に行きたいのですが……」

と仰る。近くにあり、気軽に案内できそうな雰囲気の施設名称をあげてくる。目の前に地図があるときは、それを示してあげてそそくさと退散するようにしている。そうでないと、その手を使う方々は

だんだん話す距離を詰めてくるのだ(~_~;)怖いよ(汗)

で、最近。なんばの高級ホテルの周辺で、よくみかける人が。過去に二回ぼくは声をかけられている(だいぶ間が空いていたので多分向こうは忘れている)。

声をかけやすいのか
メガネが好きなのか
ポッチャリ系がいいのか
むしろ女子なら誰でもいいのか

その辺は不明であるが、他に可愛い娘御は沢山いるのにぼくをチョイスするあたりがなかなか猛者だと思う。そしてそんな一部の猛者の為に、道を尋ねてくる人を警戒せねばならなくなったのは辛いことだ。
14:37 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--